中国デジタルマーケティングにおける中国検索エンジンの役割
中国検索エンジン使用状況研究レポート

中国デジタルマーケティングの集客手法の中心である中国運用型広告。運用型広告といえばリスティング広告、SNS広告、動画広告やデータフィード広告等ありますが、中国では日本同様リスティング広告への出稿(+SEO)がメイン施策となります。
海外リスティング広告では、その国・地域の検索エンジンシェア上位の媒体に出稿することが重要です。

今回は中華人民共和国の産業情報技術省下のインターネット業務を担当する行政機関、CNNIC(シーエヌニック。China Internet Network Information Center [中国インターネットネットワークインフォメーションセンター] の略。中国語名:中国互連網絡信息中心)が発表した「2019年中国インターネットユーザー検索エンジン使用状況研究レポート」から中国検索エンジン市場状況を数回に渡ってお伝えします。

第1回は中国検索エンジンユーザー数と利用率です。


中国の検索エンジンユーザー規模と使用率は?
中国検索エンジンユーザー数と使用率
最新2019年6月の中国検索エンジンユーザー状況は、
・中国検索エンジンユーザー数は6.95億人
・中国検索エンジン使用率は81.3%
です。
(右図「中国検索エンジンユーザー数と使用率」参照)

中国検索エンジンユーザー数自体は年々増えていますが、2017年をピークに徐々に減少しています。中国スマホユーザーの増加に伴い、検索エンジンよりも簡易な情報収集ルートを利用する傾向が高いことが要因です。

中国検索エンジンユーザー増加率
ネットユーザー増加数と検索エンジンユーザー増加数を比べると、2018年は
・検索エンジンユーザー増加数÷ネットユーザー増加数=74%
となり、こちらのデータからも検索エンジンを使わないユーザー率が高まっていることがわかります。
(左図「2014〜2018年 中国検索エンジンユーザー増加数/ネットユーザー増加数比率」参照)




中国のモバイル検索エンジンユーザー規模と使用率は?
中国モバイル検索エンジンユーザー数
次に中国モバイル検索エンジンユーザー状況です。

最新2019年6月の中国モバイル検索エンジンユーザー状況は、
・中国モバイル検索エンジンユーザー数は6.62億人
・中国モバイル検索エンジン使用率は78.2%
です。

中国モバイル検索エンジンも中国検索エンジン同様、ユーザー数自体は年々増えていますが、2017年をピークに徐々に減少しています。


|中国検索エンジンユーザー規模のまとめ
  • 2019年 中国検索エンジンユーザー数 6.95億人
  • 2019年 中国検索エンジン使用率 81.3%
  • 2019年 中国モバイル検索エンジンユーザー数 6.62億人
  • 2019年 中国モバイル検索エンジン使用率 78.2%
  • 検索エンジンユーザー数は毎年増加しているが、検索エンジン利用率は2017年をピークに徐々に減少。要因はスマホ利用増加による簡易情報収集ニーズが高まったため。

次回は中国検索エンジンユーザー属性をお伝えします。


[PR] 中国リスティング広告運用支援サービスをご案内。


<ROAS 50,000%達成のノウハウを凝縮した海外リスティング広告等運用支援サービス>

・海外集客の最強ツール”運用型広告”で良質ターゲットを低コストで集客。
・海外運用型広告 10年以上の実績。広告費の100倍以上の売上成果を達成。
・問合せ/予約/購入/来店CVやSNSフォロワー獲得等、様々な目的を支援。

お問合せは「&INTECH株式会社 海外運用MAX! 事務局」までご連絡ください。